2011年03月16日

東北大地震・・・。

地震が起きてから数日が経ちました。現地の被災者の方の事を思うと胸が締め付けられる思いです。


大阪はこれといった被害もなく、震災当日も、翌日も通常営業です。ありがたいことにお客様も普通に来店してくださります。震災翌日の朝に嫁さんに『こんな日に仕事ってなにすんの?』と冗談交じりで言われましたが『それでも俺らは食っていかなあかんねん』と言って仕事に行きました。今では悲観的な感情に耐えられなくなったのか世間では『だからこそ普通の生活をしっかりするんだ』とか『経済は俺たちが支えるんだ』みたいな意見が飛び交い出しました。そうだな。とも思うけど違うとも思う。


現地の状況は何一つよくなっていないのに新聞紙面やテレビ番組が“普通”に戻っていく事に『被災地を置いていくのかっ』などと思ったりしますが、先に書いた経済が絡んでいるので仕方がない事・・・とも思い・・・。


近所のディスカウントショップでトイレットペーパーやインスタントラーメンが品切れとの話を聞く。どちらも被災地では足りないと言われているものを先にも書いた“なんでもない大阪の人”が買占めてそれらの品物が被災地に届きにくくしているという罪悪感も無しにしている状況を思うと最悪な気持ちになる。




と、ここ数日の気持ちを吐き出してみました。とにかく被災者の皆様が一日でも早く普通の生活ができる日が来ることを願い、できることをしていきます。なんか、もうそれしかないし。



posted by まーぼー at 23:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。